北海道ラジオの会活動実績

1.『北のシナリオ大賞』の実施

平成16年から10年間にわたり、『北のシナリオ大賞』を実施してきました。

作品内容は、北海道をテーマにした30分のラジオドラマで、道内に居住する方、

及び北海道に関わりのある方を対象に募集。

年に一度、『北のシナリオ大賞』を開催し、大賞に選出されたシナリオ作品を

ラジオドラマに制作、道内の放送局で放送しました。

この活動は、全国からも注目され、平成19年には九州で「南のシナリオ大賞」が誕生しました。



『北のシナリオ大賞』のこれまで

■第一回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成16年4月1日〜5月31日

●応募総数/45作品

●入賞者発表/平成16年7月3日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕「思い出したかぐや姫」楡木(ゆぎ)啓子(本名・鍋田啓子・札幌市)

〔優秀賞〕「山の図書館」藤原ハルミ(札幌市)

     「アスパラのそよぐ街で」成樹久美子(本名・高橋久美子・札幌市)

     「いつか、花咲く丘を越えて…」多田清人(江別市)

〔審査員特別賞〕「海の音」大原守明(小樽市)

        「最高の暇つぶし」蝦名恵(北見市)

●審査員/合田一道(北海道ラジオの会会長・作家)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

      伊藤正浩(日本放送作家協会会員・作家)

●ラジオドラマ制作局/HBCラジオ

※第一回の大賞作品は、平成17年度日本民間放送連盟賞で最優秀賞を受賞、

全国に北海道生まれのラジオドラマを発信することが出来ました。

■第二回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成17年4月1日〜5月31日

●応募総数/20作品

●入賞者発表/平成17年7月2日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕「夏の終わりに」大原守明(70歳・小樽市)元中学教諭

〔優秀賞〕「悲しみは風の彼方に」三浦まどか(41歳・札幌市)専業主婦

〔奨励賞〕「絆を映す刃(やいば)」久永(ひさなが)亜弥

    「キラメキ」 成樹(しげき)久美子

〔審査員特別賞〕「道標を、君に」 阿部清春

●審査員/合田一道(北海道ラジオの会会長・作家)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

     伊藤正浩(日本放送作家協会会員・作家)

●ラジオドラマ制作局/STVラジオ

■第三回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成18年4月1日〜5月31日

●応募総数/18作品

●入賞者発表/平成18年7月1日

●入賞作品/〔北のシナリオ大賞〕「ふるさと銀河線」 上田龍三(小樽市)

〔優秀賞〕「あの、海へ」藤原ハルミ(札幌市) 会社員

〔審査員特別賞〕「ホットヴォイス」佐藤佳代子(40歳・札幌市)会社員

●審査員/合田一道(北海道ラジオの会会長・作家)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

      伊藤正浩(日本放送作家協会会員・作家)

●ラジオドラマ制作局/STVラジオ


■第四回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成19年4月1日〜5月31日

●応募総数/61作品

●入賞者発表/平成19年7月7日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕「Long distance call−僕の想い・彼女の願い−」瀬川隆文(札幌市)

〔準大賞〕「亀のアンソニー」藤原ハルミ(札幌市)

〔優秀賞〕「霧の中の夢」小林明子(札幌市)

「スプレッドイーグル」椙下直哉(埼玉県所沢市)

〔審査員特別賞〕「幻氷」成田信恵(札幌市)

●審査員/合田一道(北海道ラジオの会会長・作家)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

      伊藤正浩(日本放送作家協会会員・作家)

     中田美知子(日本放送作家協会会員・ラジオ番組制作者)

●ラジオドラマ制作局/エフエム北海道


■第五回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成20年4月1日〜5月31日

●応募総数/66作品

●入賞者発表/平成20年7月5日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕「銀ビルを回せ!」 旭川市・ペンネーム成樹久美子(しげき くみこ)

〔準大賞〕「思い出の町」芦別市・大武千恵

〔佳作〕「アマゾンの浦臼」札幌市・紺谷充彦

   「帰れない町」札幌市・高橋愛美

〔審査員特別賞〕「北辺の海」北見市・蝦名恵

●審査員/合田一道(北海道ラジオの会会長・作家)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

      伊藤正浩(日本放送作家協会会員・作家)

     菅村峰洋(STVラジオ)

●ラジオドラマ制作局/STVラジオ(2月15日放送)


■第六回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成21年4月1日〜5月31日

●応募総数/40作品

●入賞者発表/平成21年7月4日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕 「穴」 札幌市・ 楡木啓子(ゆぎ けいこ)

〔準大賞〕      「氷の下で」 東京都・柳橋克哉(やなぎはし かつや)

〔佳作〕       「ただの人、そして、たったひとりの人」 札幌市・藤原ハルミ

〔佳作〕       「桜の渦」   札幌市・紺谷充彦(こんたに みつひこ)

〔審査員特別賞〕   「陰陽眼の少年」  静岡市・哩歩子(やすなが りほこ)

●審査員/合田一道(北海道ラジオの会会長・作家)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

     木原くみこ(三角山放送局)

●ラジオドラマ制作局/『穴』三角山放送局、『氷の下で』STVラジオ、

           『陰陽眼の少年』エフエム北海道


■第七回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成22年4月1日〜5月31日

●応募総数/46作品

●入賞者発表/平成22年7月4日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕 『夜明けの物語』 江別市・ペンネーム 小笠原夕桔

〔佳作〕       『神々の遊ぶ庭』 奈良県・島眞澄

〔佳作〕       『春告魚の来るころ』 名古屋市・大谷英理子

〔佳作〕       『純喫茶「やどり木」』 富良野市・大場恭秀

〔審査員特別賞〕   『カップメン』 札幌市・長谷川智久



●審査員/菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

     岩本芳修(STVラジオ)

     中田美知子(エフエム北海道)

     木原くみこ(三角山放送局)

●ラジオドラマ制作局/「夜明けの物語」エフエム北海道 放送日/平成22年10月31日(日)

「カップメン」STVラジオ


■第八回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成23年4月1日〜5月31日

●応募総数/43作品

●入賞者発表/平成23年7月2日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕 『霧の朝の出来事』 札幌市・ペンネーム 吉本椎葉(よしもと しいば)

〔準大賞〕      『ばあちゃんの目覚し時計』 東京都・小山陽子(こやま ようこ)

〔佳作〕       『遅い桜』 愛媛県・武田康成(たけだ やすなり)

〔佳作〕       『夜明けの神さま』 恵庭市・高橋舞(たかはし まい)



●審査員/岩本芳修(北海道ラジオの会会長・STVラジオプロデューサー)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

     中田美知子(エフエム北海道)



●ラジオドラマ制作局/「霧の朝の出来事」 STVラジオ

平成24年3月25日(日)22:00〜22:30 放送


■第九回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成24年4月1日〜5月31日

●応募総数/32作品

●入賞者発表/平成24年7月7日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕 『散骨ドライブ』 横浜市・中村由加里(なかむら ゆかり)

〔準大賞〕      『路面電車の通る街』 名古屋市・大谷英理子(おおたに えりこ)

〔佳作〕       『シャッターマン!』 埼玉県・市川理惠(いちかわ りえ)

〔佳作〕       『今の向こう側』 名古屋市・ペンネーム飯倉泉(いいくら いずみ)

〔審査員奨励賞〕   『樺太の花』 札幌市・高橋愛美(たかはし かなみ)



●審査員/岩本芳修(北海道ラジオの会会長・STVラジオプロデューサー)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

     中田美知子(エフエム北海道)



●ラジオドラマ制作局/「散骨ドライブ」 STVラジオ

平成25年3月31日(日)26:00〜26:40 放送


■第十回北のシナリオ大賞

●応募期間/平成25年4月1日〜5月31日

●応募総数/44作品

●入賞者発表/平成25年7月6日

●入賞作品/

〔北のシナリオ大賞〕『翼』 札幌市・ペンネーム ますみ

〔優秀賞〕     『雪の花』 札幌市・ペンネーム 黒猫千鶴(くろねこ ちづる)

〔佳作〕      『彼女に会いたい!』 札幌市・ペンネーム 今井野々子(いまい ののこ)

〔佳作〕     『13号室』 札幌市・門間英寿(もんま ひでとし)

〔佳作〕     『街角』 札幌市・ペンネーム 日野笙子(ひの しょうこ)

〔審査員特別賞〕 『Dear God』 横浜市・須谷篤司(すや あつし)



●審査員/岩本芳修(北海道ラジオの会会長・STVラジオプロデューサー)

菊地寛(日本放送作家協会会員・作家)

     中田美知子(エフエム北海道)



2.多彩な講師による講演会を開催

年に一回の総会では、道内外からラジオ関係者にお越しいただき、講演会を開催してきました。

これまでに、市川森一さん(脚本家)、さらだたまこさん(放送作家)、金子成人さん(脚本家)、

南川泰三さん(放送作家)、竹山洋さん(脚本家)、香取俊介さん(脚本家)、

竹内日出男さん(元NHKディレクター、脚本家)、南二郎さん(元ニッポン放送音効マン)、

亀渕昭信さん(ラジオDJ、元ニッポン放送社長)、石井彰さん(放送作家)ら、

錚々たる方々に講演をいただきました。

3.『ラジオドラマルネサンス事業』の実施

平成21年度に実施したラジオドラマの復興を目指す「北海道ラジオドラマ・ルネサンス事業」。

北海道地域文化芸術振興プランの支援を受け、ラジオドラマ熱を呼び戻そうと実施しました。

旭川、函館、札幌の3箇所でのラジオドラマ制作ワークショップを開催。シナリオの心得、

音効講座のほか、教材として10分ほどのラジオドラマを制作するという内容で、各地で大盛況でした。

また、この年の北のシナリオ大賞受賞作3作品は、ラジオドラマに制作し放送。

さらにこの3作品をCD化し、ラジオドラマの資料として道内高校の放送部に寄贈しました。

ラジオドラマCD写真.jpg



LinkIconTOPに戻る

Supported by
164-70.png

道新文化センター様ロゴ(dcc_logo).jpg


北のラジオドラマ大賞の
お問い合わせは
kitaradio_info@kitaradio.com

HBCロゴ_枠付き.png

STVロゴ_枠付き.jpg

AIR-G'ロゴ_枠付き.jpg

ノースウェーブロゴ(新)_枠付き.jpg

FMりべーるロゴ_枠付き.jpg

FMJAGAロゴ_枠付き.jpg

FMもえるロゴ_枠付き.jpg

三角山放送局(新)_枠付き.jpg

FMびゅーロゴ(大)_編集後.jpg

ラジオニセコ(新)_枠付き.jpg